肥満の人はなぜ体臭がキツイ?理由と対策

肥満の人はなぜ体臭がキツイ?理由と対策

太っている人は体臭がきつい
口には出さなくても、そう感じている人は多いのではないでしょうか。
太った人は暑くなると大量に汗をかきます。
一般に食べる量も多いですし、脂っこいものが好きです。
シやせた人に比べて、なんとなく体臭が強そうなイメージもあります。
汗の原料は血液です。
汗腺は血液をろ過して、薄めた血漿(けっしょう)を汗として出しています。
放置しておくと雑菌が繁殖して“汗臭さ”が出てきます。
しかし、汗をかいた直後の汗自体は無臭なのです。
ところが、中には最初から臭い汗を出す人もいます。
実は太った人の体臭は、いくつかのにおい成分が混ざったものなのです。
体臭の発生原因
1つ目は“加齢臭”と呼ばれるにおいです。
一般に年を取るほど発生量が多くなるのですが、若くても出る人もいます。
原因は皮脂腺の中の「9-ヘキサデセン酸」という脂肪酸が酸化されてできる「ノネナール」という成分です。
太った人やメタボの人は若くても加齢臭が強いそうです。
ノネナールは脂肪酸が酸化されてできます。
メタボになって体内の脂肪や活性酸素が多くなれば、それだけできやすくなるわけですね。

 

汗の質と体臭の関係

体にまとわりつくような、気持ちの悪い汗をかいたことはないでしょうか。
それはアポクリン腺からにじみ出たドロドロ汗です。
脇から出る臭いはワキガ臭の可能性があります!
簡単にできる自己判断方法はこちら→ワキガチェック
アポクリン腺はわきの下など特定の場所に特に多く分布しています。
必ず毛穴とセットで存在し、分泌物を毛穴から放出するのです。
アポクリン腺から出る汗も最初は無臭です。
しかし、脂肪や鉄分、尿素、アンモニアなどを多く含むので、すぐにドロドロ汗となってしまうのです。
ここから発する汗に含まれる成分は皮膚に住む菌の格好のエサとなります。
そして、あの独特のニオイに発展するのです。
汗対策用のウエットシートなどでこまめに拭きとって、肌の表面を常に清潔に保ちたいものです。

 

 

悪い汗の解消法

毛穴づまりを起こしやすいのがアポクリン腺です。
この毛穴づまりを解消するためによく行われていることが、ドロドロ汗の撃退方法なのです。
ぬるめのお湯にじっくりと浸かる半身浴、体を内部からじっくりと温める岩盤浴などが人気となっています。
アポクリン腺からの汗には脂肪分も含まれているので、ゆっくり・じっくりと温めることがとても大切です。

 

周囲の人が迷惑していることも

本来無害とされているエクリン腺からかく汗もドロドロ汗となってしまっていることもあります。
これは、汗腺が汗をかく準備を整えていないからとされています。
「正しいサラサラ汗」は、エクリン腺の深い場所で作られています。
血液から水分を取り込んで、塩分などを再度血液中に戻すのが正常な働きなのですが、これができていないときエクリン腺であってもドロドロ汗を放出するようになるのです。
これは、「必要な時にはきちんと汗をかくよ」という準備がきちんとできていない証拠なのです。
人間の体は暑さを感じると「暑熱馴化(しょねつじゅんか)」を始めます。
難しい言葉ですが、効率よく汗をかき、不用意に塩分を汗と一緒に流さないような仕組みに変わっていくのです。
暑熱馴化(しょねつじゅんか)がうまくできていないときは、サラサラ汗がかけない状態です。
やはりここでも半身浴、岩盤浴といった、汗をかく活動をしたほうがいいでしょう。
そして、運動や入浴前に水分補給をしておきます。
じっくりと入浴をして、しっかりと汗をかきます。
お風呂上りはエアコンなどで急激に冷やさずに、汗が自然に収まるのを待ちましょう。
そして再度水分補給をします。
これを毎日の習慣にすると、どんどんサラサラ汗に近づいてゆくのを実感できるでしょう。

 

過度なダイエットは体臭を悪化させる

加齢臭の原因は、ノネナールという物質です。
ノネナールは、皮脂腺から分泌される物質が酸化・分解してできるものです。
ノネナールは若いときにも作られるのですが、40代ごろから体の酸化に対する抵抗力が落ちるため、加齢臭が強くなってしまうのです。
最近では、メタボ臭ですね。
加齢にともなって腸内細菌のバランスが崩れることで体臭がきつくなるのが原因です。
体臭の原因もノネナールです。
しかしメタボ臭の場合は、脂質の取りすぎなどで臭いが増してくるので厄介なのです。
さらには、ダイエットのしすぎが体臭の原因になる「ダイエット臭」もあります。
これは急激な食事制限など、無理なダイエットをしている人が発する体臭です。
ダイエット臭は体の代謝がうまくいかなくなることで、血液中の臭いを出す物質が体から出ているものです。
果物が腐ったような酸っぱい臭いがしたら、ダイエット臭を疑ったほうがいいかもしれません。
人間のエネルギー源として最初に使われるのが糖質です。それを使い切ってしまうと、今度は蓄積された脂肪がエネルギー源となります。
ダイエットで空腹のまま脂肪ばかりが使われると「ケトン体」という物質が生成されます。
これが血中で増加すると口臭・体臭・尿臭の原因となり、独特の甘酸っぱい臭いを発します。

 

体臭で健康状態が分かる

 

体臭は身体の健康のサインのひとつだと言われています。

 

体調が優れないときや、便秘のときなどに体臭がきつくなるのは誰でも経験したことがあるでしょう。

 

健康のバロメーターは一般的には顔色や肌、爪、舌、目などが上げられます。

 

さらに、体臭もまた病気のシグナルを発しているのです。

 

具体的に、病気によって体臭が変化するものには糖尿尿や腎臓病、肝臓病などがあります。
それぞれの病気で体臭の種類も変化する特徴があるのです。

 

糖尿病にかかると身体の臭いが甘酸っぱい臭いに変化します。
これはアセトン臭と呼ばれる臭いで、極端なダイエットを行っている人にも見られます。

 

腎臓の病気にかかるとアンモニア臭がします。
いわゆるオシッコの臭いですね。
胃腸の調子が悪くなると、口臭が強くなります。

 

肺や気管の病気

 

体臭に腐敗臭が交じり合ったような臭いになることがあります。
空気の通り道となる部分に炎症や病気などが起こると、化膿した臭いが体臭として発散されるのです。
良く言われるのが肉が腐ったような臭いですね。

 

 

胃腸の病気

 

卵が腐ったような臭いがします。
胃腸で十分に消化できなかった食べ物から硫黄系のガスが分泌されます。
これが血液に混ざり合って体臭として発散されることに原因があるのです。

 

体臭の状態によって様々な疾患が疑われます。

 

気になる場合は内科で診察を受けるようにしましょう。

一番効く!ノアンデ公式サイト

page top